本日 88 人 - 昨日 106 人 - 累計 206933 人 サイトマップ
RSS

【6年】東京リーグ・Aリーグ(1/28)

2012年01月31日
≪結果≫
vs 宇喜田SC    2 ‐ 0 勝ち

vs KSCウェルネス 5 ‐ 2 負け


<感想>
この日の東京リーグは、6年全員の6名に5年5名4年2名でチャレンジしました。
第一試合は前期Aリーグ11位の宇喜田SC。 
この日は、立ち上がりの遅い大岡山FCに珍しく、特にセンターバックの調子がかなり良く、守りのしっかり利いた攻撃的サッカーで展開。 
ほとんど相手陣営での展開になりました。 
そんな中、anjiからのパスをmasakiが受けそのままドリブルでゴール前まで持っていき、落ち着いてシュート!1点目が決まりました。
前半は 1−0で折り返し、後半・・・harukiがキーパーと1対1、キーパーが飛び出したところでふんわりと頭超えるシュートで2点目、その後も何度も得点シーンはあったのですが、3点目・・・と思ったきれいにゴールに吸い込まれたharuのふんわりシュートも(コーチいわく、判定ミス)オフサイドとされ追加点にはなりませんでした。
 しかし、みんなが積極的な“元気”な試合でした。

第二試合 前期Bリーグ2位のKSC しかし 1−0で勝った相手。
この調子で2戦目も・・・とおもったのですが。
KSCの早いパス回しと、大きくてかつ動きの俊敏なKSCのキャプテンであり司令塔であるMFにボールを回されついには、ミドルからこのキャプテンにシュートを打たれ、飛び込んだ大岡山GKも間に合わず・・・ 最初の失点。

この後、大岡山も攻められながらも、何度か相手陣営に切り込み得点シーンを展開し、最初の2−2までは取って取られてを繰り返していたのですが・・・・その後、集中が切れたのか????
大岡山チームに悪夢が…
ゴール前で相手・・・しかも凄腕のキャプテンにパスして、そのままシュート打たれて決められたり、 いつもはきっちりとめてくれるGKもなぜか凡ミスなど中途半端なミスが立て続けに勃発。 
オフェンスも これを決められない?というシーンで得点にできず。 
あっという間に3点を追加され、 結果は5-2。

実力の差というより、集中力の差で負けたって感じがしました。

このまま凡ミスの悪夢にとらわれないよう練習で切り替えてほしいです。


PS: コーチ・祭主パパ・haruパパ・・お醤油なしの握り寿司食べさせてしまって、申し訳ありませんでした。

(haruママ)

【3年】フォルツァリーグ(1/29)

2012年01月30日
【3年】フォルツァリーグ(1/29)
会場:浮間子どもスポーツ広場
vs.城北アスカ
◎公式戦
0-7 (負け)

◎練習試合
1試合目 0-2(負け)
2試合目 0-2(負け)
3試合目 0-2(負け)

二ヶ月前にも同リーグで対戦し、0-9と大敗を喫した強豪「城北アスカ」と再び対決。
結果だけを見ると大して進歩は感じられませんが、内容はかなり上達していました。
いつもながら立ち上がりは動きが鈍く、相手の速いパス回しと強力なシュートで早々にゴールを決められましたが、その後は徐々にチーム一丸となって攻守に渡り(主に守ですが…^^;)最後まで諦めずに全力で頑張りました。
今回の経験を活かして更なるステップアップを期待!
道端にはまだ雪が残り寒い一日でしたが、コーチ、審判、応援とお世話になり、ありがとうございました。
海母

【1年】練習試合・東根少年SC (1/29)

2012年01月29日
1月29日(日)、最高気温6℃、北風が強く吹く中、八雲小Gには子ども達の元気な声が響きわたりました。


《試合結果》
VS東根少年SC

1本目 0-1 負け
2本目 1-0 勝ち
[DAISEI]
3本目 1-0 勝ち
[HIROTO]
4本目 0-0 引き分け


少しずつではありますが日に日に、ゴールに向かう意識や、ボールを取られたら取り返す強い心、全員で守り全員で攻める集中力がついてきたと感じられる試合でした。

今までなかなか、ボールをさわることができなかった選手も、相手から奪い、ドリブルで持って行こうとする姿は、日々の練習を頑張っている成果だと思いました。


加藤コーチ、応援の保護者の皆様、寒い中お疲れ様でした。


4B.Mom

画像 画像 画像

【6年】東京リーグ・Aリーグ  (1/21)

2012年01月23日
4-4 対 暁星アストラJr 引き分け


前期Aリーグ6位、全日都大会出場の暁星アストラJrとの戦いでした。

気温は低く、雨が降ったりやんだりの天気。グラウンドはところどころ水たまり状態。大岡山が出場する試合の時だけは、雨が本降りという最悪の条件の中での試合でした。
試合の途中経過は別として、試合が終わった後のハーフウェイラインを挟んで挨拶をする選手たちのユニフォームが、この日の試合の試合の様子を象徴していました。
暁星のユニフォームは上下とも白、対する大岡山は上下とも青。
それでも、ユニフォームについた泥汚れは明らかに大岡山のほうが目立っていました。いかに大岡山の選手たちが、この天気、このグラウンドで、試合を通して体を張ってディフェンスをし続けたかの現れです。血を流した選手も数名。

個々の選手の技術は明らかに暁星のほうが上でした。
しかし、その技術に対抗するディフェンスの気持ちと、各プレーに対する反応の速さは圧倒的に大岡山が上でした。
各局面でいつも大岡山のほうが数的優位に立ち、相手の技術を圧倒しました。

結果、スコアは大岡山がリードし、暁星が追いつくの繰り返しでした。流れを見る限り、これだけの強豪相手に勝てそうな試合を落として引き分けたといった感じです。

得点シーンは、最近中盤から前線へとポジションを変えることが多くなった6年生のペナルティエリア内左やや深いところからの意外性のあるミドルシュートがゴール右上へ、相手ディフェンス、GKともに動けずに先制。
4年生ながらたびたび東京リーグに召集される選手、ゴール前に折り返されたボールに相手ディフェンス、GKを恐れることなく長い髪を振り乱して飛び込んでいったシュートは、その強い気持ちの分だけ誰よりも先にボールに触りゴール、2点目。
味方のコーナーキック、ぬかるみに足を取られそのボールは力なくゴール手前へポトリ、でもそのミスキックに両チームの中で最も早く反応したのは先制点と2点目を入れた大岡山の二人、結果的には6年生のほうがボールをゴールに転がして3点目。
中盤で相手ボール奪取率ナンバーワンの6年生、最近パス技術も急上昇中で、そのパスがこの日2点を決めている6年生の前のスペースに見事に通り、あとはディフェンス振り切ってドリブル、飛び出すしかないGKを見ながら外へかわし、無人のゴールへ流してハットトリック達成のチーム4点目。

強豪相手に0-0でなく、4-4での引き分け、いいゲームでした。

(haruパパ)


【4年】尾山台カップ(1/9)

2012年01月22日
1月9日(祝日・月曜日)尾山台カップ

大岡山VS尾山台 4-0
大岡山VS鷹の子 1-0

感想
昨年に続き参加させて頂きました。試合はまずまずでした。久しぶりに大人数での参加で嫌な予感がしてました。お行儀が、、。他のチームは並んで座って豚汁を頂いてました。OFCはというとバラバラでした。

【3年】ルーレット MSS杯(1/14)

2012年01月16日
[結果]
0‐8 VS トリプレッタビアンコ 負け

5‐0 VS 戸山チームA 勝ち
[gouk 1点、yuto 2点、seiro 2点]

2‐0 VS 自由が丘エバー 勝ち
[ryunosk 1点、yuto 1点]

1月14日MSS杯リーグ戦J組大岡山ルーレット

中目黒グランドにて5人制のフットサル大会が行われました。

1試合目の相手は人数も多い強豪チーム、トリプレッタ。
相手の的確なパス回しと連携プレーから何度もシュートを決められ、圧倒されっぱなしの試合となりました。8点とられて試合後は珍しくみんなひどく落ち込んでおりました。

すぐに迎えた2試合目、戸山チーム戦。
試合が始まってすぐに大岡山が先制点を決めると、スイッチが入ったかのように、どんどん攻めていき、ゴールのチャンスを次々とつかむ展開になりました。
素晴らしいドリブル技もみせてくれました。結果、5‐0で勝つことができました。こんなに1試合中で得点をとれたことは今まであまりなかったので、応援している保護者のテンションも上がります。

3試合目は自由が丘戦。
前半にコーナーキックからのチャンスをいかし、先制点を決めました。何度か最終ラインを抜かれ、相手にゴールを決められそうな危ない場面もありましたが、なんとかDFが追い付き、キーパーと一緒に守り抜きました。後半も1点を決め、2‐0で勝つことができました。

残念ながらリーグ戦で1位になって、決勝トーナメントに進むことはできませんでしたが、2勝1敗の大健闘でした。
三年生になってから負けてばかりの時期もありましたが、最近になってようやく勝てるようになりました。これからの成長に期待が高まります。

(すみません、写真はあまりよくとれてなかったので、載せれませんでした)
etsu

【3年】エラシコ MSS 杯(1/14)

2012年01月15日
1月14日土曜日 晴れながらも、風もあり、外気温3度の厳寒の中、朝10時の第一試合から、エラシコチームの6名の戦士たちが3試合を行いました。須田コーチの初公式戦。成果と中身に大きな期待が寄せられます。その結果は?
《試合結果》


第一試合
VS 渋谷東部JFC《ホーガン》

1−3 負け

第二試合
VS ヴィトーリアモンスター
1−2 負け

第三試合
VS 下目黒田道ロッソ
1−0 勝ち!

1勝2敗ながらも、結果通り、尻上がりに調子を上げ、なんと最終戦を勝利で終えて、大はしゃぎのエラシコメンバー。
前2試合も、実力的には大差が無いのに、OFC3年恒例の後一歩の頑張り、粘張り、追い込み不足で、悔しい思いをした選手たち。親御さんたちも今年も歯がゆい思いをするのかと諦めかけた第三戦。ついにやってくれました。かなり優勢な攻めを見せ、後半見事なゴールを決めた後、最後まで粘り強くその1点を守り抜きました。

昨年、強豪の多いフォルッアリーグで大負けしながらも揉まれたことや、新コーチ秘策のループパスなど数々の要因がありますが、何より子供たちに勝ちたいという意志が芽生えたことが勝利に結びついた、最大の成果では!

寒い早朝から、設営・応援・審判と土曜から頑張っていただいた父兄の皆様にも、報われた笑顔が見られた1日でした。

今年こそ覚醒を期待して、サポート引き続きよろしくお願いいたします。

MR父

画像 画像

【6年】区長杯 予選リーグ(1/9)

2012年01月15日
≪結果と感想≫
対 自由が丘   0−0引き分け


圧倒的な力の差を見せた試合でした。
大岡山のキーパーがボールに触れたのは、ほんの数回だったと思います。ほとんどの時間を相手陣内で戦い、何度もチャンスを作りました。流れの中からのシュート、プレースキックからのシュート、ゴールを脅かすシュートもいくつかありました。
しかし、40分の間、ついぞゴールを割るシュートは見られませんでした。

負け試合以上に後味の悪い試合でした。選手たちも同様の気持ちを持っていたのではないかと思います。


対 鷹ノ子    0−1 負け


数か月前の秋季大会では3-0と大差で破った相手です。
しかし、鷹ノ子はその後かなり大岡山対策を練ったらしく、数か月前とは全く違うサッカーを展開してきました。
大岡山は元来、試合開始直後のディフェンスが安定しないことが多いのですが、そこを突かれました。
ゴール前にボールを蹴りこまれ、混戦からこぼれたボールをミドルシュートであっさりと失点しました。
開始直後の失点は大きく、相手にパスを回され、振り回され続ける時間がしばらく続きました。

しかし、前半も半ばを過ぎたあたりからようやく大岡山らしいプレスが効き始め、徐々に相手陣内で試合展開する時間が長くなっていきました。
でも、前の試合同様、ゴールを決めるところまでの流れは作れませんでした。前の試合を引きずっていたのかもしれません。

結局、開始早々の失点が試合を決め、0-1で敗れました。
自由が丘は鷹ノ子に敗れはしたものの1得点を挙げたため、大岡山は予選リーグ3チーム中3位となり、3位リーグに回ることとなりました。

(haruパパ)

【1年】西部ウインターカップ(1/8)

2012年01月14日
1/8、気温が低く着込んで家を出ましたが、日差しはあたたかく、気持ちの良いサッカー日和となりました。
そんな中、A、Bチームとも2試合づつ行いました。

≪試合結果≫

【Aチーム】
1 − 5 vs自由が丘A 負け

1 − 1 vs自由が丘B 引き分け

【Bチーム】
0 − 4 vs鷹の子B 負け

1 − 4 vs自由が丘D 負け

ゴールにつながりそうなシュートは何本かあったものの、相手のディフェンスに阻まれ、残念な結果になりました。
それでも最後まで果敢に攻め、翌日に続く試合での勝利を期待させてくれる戦いでした。

試合後に相手コーチの前に走って行き挨拶をすることなど、毎回の決まり事がだいぶ身に付いてきたな、と感心しました。

グラウンドに来てくださったみなさま、ありがとうございました。

アップが遅れ失礼いたしました

hal




【6年】初蹴りフットサル(烏森)招待 (1/8)

2012年01月10日
vs 烏森 4−0 勝ち
vs J渋谷 3−2 勝ち
vs V目黒 2−2 引き分け
vs 烏森 2−1 勝ち


烏森さんの招待試合(フットサル)に参加しました。この日は、昨日と打って変り風もなく温かな陽気で過ごしやすい1日でした。

フットサルの試合ですが、相変わらずフットサルではなくミニサッカーゲームを展開する大岡山。
この日のメンバーは6年6名に5年2名の計8名  GK1名 DF2名 OF5名 GKとDFは確定のためOFはジャンケンで2席をめぐって出場権争い。 

そんな中でも2試合目までは何とか勝ち抜き、そしてヴィトーリア戦。
前半2点決められ苦戦しましたが、後半2点目を決めた直後に試合終了の笛がなり何とか引き分け。
最後の烏森戦は、初戦のメンバーとは違う?のか攻められていました。

全勝目標は達成されませんでしたが、何とか3勝1引き分けで幕を下ろすことができました。

試合の後は、選手・コーチ・保護者においしいおしるこ(お餅が2つも入っていました)が振舞われました。
おしるこめがけてダッシュする子ども達は・・・もうすぐ中学生には到底見えませんでした。

Takaya君・・・フル出場でおなかがすいていたとは思いますが、御代わりはだめですよ!(恥) 

午前の部・午後の部 選手だけでなく来場者全員に準備されるのですから、烏森の保護者の皆様は大変だったと思います。

とっても美味しいおしるこ本当にありがとうございました。
おかげ様で、楽しい1日を過ごすことができました。
(haru ママ) 


【6年】東京リーグ・Aリーグ (1/7)

2012年01月10日
vs ドリームスSC 2−1 勝ち
vs ドリームスSC 0−1 負け(練習試合)


2012年は東京リーグから始まりました。 
しかも、相手は前期Aリーグ5位 都大会も出場しているような強豪。
ただ、このチームも受験組が多いらしく、5年生のヘルプ要員を加えたチーム。
対する大岡山は・・・今日のメンバーもいつもと同様 6年6名 5年6名 4年1名の13名
コーチから『お正月サッカーやってた人〜』と聞かれましたが・・・・・みんな充分に休息を取っていたようでした。 

試合は、さすが格上チームほとんどのメンバーのドリブルはすばらしく1対1もしっかり身体を入れてきます。
一人“上手い!”って思う選手がFWにいました。 
ドリブルで切り込んでいき、大岡山のDFにわずかなスペースを見つけるとそこからシュートを打たれました。
なんでも、その選手は5年生の地域トレセンの選手らしく、地域トレセンのレベルの高さを感じました。

そんな選手達がいるチームに対して、大岡山が取った2点は、haruから出たパスは相手にあたりそのボールをokaの足元に・・・そしてシュートが決まり1点目。
そして2点目は 4年yoshikiが素晴らしいドリブルで相手DFを抜き去りシュートを決め勝ち点をゲット!

練習試合は、前半6年GKがフィールド(DF)に後半は6年生2人がベンチに下がり、5年生中心のチーム編成でチャレンジ。
相手チームもGKがDFとしてフィールドに、メンバーポジションも替えてきました。 
大岡山も攻めているのですが、大きなセンターバック(正GK)の壁をさすがのokaも突破することは出来ず、相手5年生のFWに5人抜きされ1点をきれいに決められ、大岡山は1点も返すことができず負けてしまいました。

今日の試合中、コーチは5年生に細やかなアドバイスをしていました。 
新6年体制はもう始まっているんですね〜・・・・・・ 母はちょっと寂しく感じました。 

後2ヶ月ほどですが、6年生は最後まで頑張りますので、サポート並びに応援よろしくお願いします

(haruママ)


【1年】西部ウインターカップ・順位リーグ(1/9)

2012年01月09日
・結果
大岡山A vs 東根 1-0 勝ち 
(eisei)

大岡山A vs 大岡山B 3-1 
A(Eisei,Kaito,Shiryu) B(HIroto)

大岡山B vs 東根 0-3 負け

・感想
昨日の予選リーグを経て、本日は順位(3位)リーグで試合をしました。
大岡山A,Bチームはともに、攻撃姿勢で最後までよく頑張りました。 
一年生らしい、疲れ知らずの元気な試合でした。
結果、順位(3位)リーグで大岡山Aチームは優勝しました。

ご協力頂いた審判の方々、学年代表さん、保護者の皆様、有難うございました。(Wa) 

画像 画像